証券CFD取引@比較

証券CFD取引(有価証券店頭デリバティブ取引)選びに困ったら?!人気の証券CFD取引を徹底比較!!口コミ,レビュー機能付き!!

>>TOP>>CFD取引のリスク

CFD取引のリスク

CFDには、いくつかリスクが存在します。 まず、商品によるリスクがあり、株や債権といったものは市場での流動性に左右されます。

次に、レバレッジ取引によって僅かな値動きによって大きな損失をしてしまうかもしれないというリスク。

もう一つが、業者の破綻リスクです。

特に、相対取引のため業者の破綻リスクについては慎重にならなくてはなりません。 取引元となる金融商品の個別のリスクもそのまま影響するという点についても十分に注意しておいてください。

リスク管理の方法

証券CFDを取扱う証券会社では、リスクを回避するために、一般的に次の2つの方法が、使われています。

(1)不足証拠金通知(マージンコール)

予想に反した証券CFDの変動で、証券CFDの価値(総資産額)が下がり、証拠金を下回るケースもでてきます。

このとき、証券会社からメールの通知や、取引に使用しているパソコンのプログラム上に、メッセージが表示されます。

(2)強制決済(マージンカット)

証券CFDの価値(総資産額)が、一定割合を下回ると、強制的に証券CFDが決済されます。それ以上、損失が大きくならないようにする仕組みです。

この2つの方法は、証券会社によって、その内容が異なっていますので、その具体例を次で見てみましょう。

CFD取引が出来る証券会社

CFD取引の世界的パイオニアCMC Marketsが圧倒的なアドバンテージを個人投資家の皆様にお届けします。

オンライン・トレーディングの世界的パイオニアとして、革新的な金融取引商品とサービスの提供を目指すCMC Markets グループは、「機関投資家向けの取引をすべてのお客様へ」というビジョンのもと1989年にロンドンに設立されました。現在、ヨーロッパ、北米、オセアニア、アジアなどに22オフィスを設け、グローバルにビジネスを展開中です。


レバレッジ 手数料 取扱銘柄数
最大200倍 無料 約4,000
証券CFD取引を強力にサポートする高機能トレードツール パワートレーダー2.0

「パワートレーダー2.0」は、証券CFD取引専用の取引システムです。操作性・リアルタイム性に優れ、カスタマイズも自在です。また、ひまわり証券が直接お客様の取引相手となるため(OTC)、海外送金の必要もなく、日本語で口座状況を参照していただけます。


レバレッジ 手数料 取扱銘柄数
最大20倍 無料 約3,700
SVC證券なら、投資スタイルに合わせてコースを選べます!

●SVC Trader ~業界最多!約155もの通貨ペアでお取引~
メジャー通貨から高金利通貨まで、幅広い選択肢がある「SVC-Trader」
●SVC FX ~最大200倍の高レバレッジが魅力~
「SVC FX」は、5,000通貨から取引できるミニ口座。
小額取引事務管理費(チケット・フィー)がかからず、低コストなのも特徴です。


レバレッジ 手数料 取扱銘柄数
最大20倍 無料 約2500

▲ ページのトップ
Copyright (c) 証券CFD取引@比較 All right reserved
相互リンクlinkfx相互リンクlinkdx相互リンクvaluelink相互リンクact相互リンクlinkfinal相互リンクsaruken